HRK白髪染め|ツヤ・ボリュームのある若々しい髪へ!

美容院のヘアカラーやパーマを繰り返す事により、皆さんの髪は健康毛にはほど遠い髪になっているのは目に見えています。

髪には自分の力で修復する力がありませんので、腕を擦りむいたら、ケガが治るようなことはありません。それは、髪の毛は爪を同じ死滅細胞でできているため、爪を切っても痛くないように、髪を切っても痛くないのです。

では、艶やボリュームのある髪を目指すにはどうしたらよいのでしょうか?

あなたのスタイルにもよりますが、アルカリのカラーやパーマを控えることがお金も掛けず健康に保つ秘訣なのですが。年齢を重ねていくことでパーマが必要な方が多いです。

このカラーとパーマの相性は良くないので、どうしても両立したい場合は、パーマの後1ヶ月後にしっかりと白髪染めを、染める。白髪染めをしっかり染めたら1ケ月後にパーマをするローテンションで回していくのがよいのかもしれません。

艶のある髪、ボリュームがある髪を目指す。ごく基本的なことなのですが、朝早く起きて、軽く運動をし、しっかり食事をし、栄養分を摂取する。カラーリングはヘアトリートメンント1本にしぼり、ハリ・コシを目指すのが、このカラー効果を最大限に活用できるでしょう。

 


HRK白髪染めは色落ちしやすい!?

美容室でのカラーも、1ヶ月しか日持ちしないものです。色落ちをするほうが安全な面もありますのでお気になさることはないと思います。退色という形での色落ちを楽しめる方が幸せなのかなと思います。

さて、この問題の根本は、お使いのシャンプーによっても、問題定義が変わってきます。

あなたが、ドラッグストアなので売っている石油系のシャンプーなどをお使いなのであれば、カラーにたいしても洗浄能力も強く、合成界面活性剤などの影響は髪、頭皮にとっても良い影響はいいものとは言えません。

洗う回数にもよりますね。毎日2回シャンプー洗う人は洗いすぎです。

毎日1回シャンプー洗う人も洗いすぎです。なぜならお湯で洗い流すだけで髪の毛は綺麗になります。1週間に2回程度、いや1回シャンプーするだけで実は、髪のケアにはいいのです。

この手のカラーリングは、あまりシャンプーを使わないうが、色持ちに関しては、長持ちするでしょう。

頭皮には常在菌が存在し、皮膚科で薄毛のカウンセリングに行かれた方は、シャンプーを控えてくださいと言われた方はいると思います。この常在菌はシャンプーで洗うことでいなくなってます。

菌なんて汚いし、いらないと思うのですが、実はこの常在菌は頭皮を綺麗にしてくれていて、なおかつ他の病原菌からお肌を守るバリアをも作っています。

この常在菌はお湯で洗い流すだけでも、80パーセント流れてしまいますが、2時間でまた頭皮全体をサポートします。ただシャンプーで洗い流す事により、そのシャンプーにパラベンが入っていたら、あなたの頭皮の常在菌は100パーセント消滅してしまいます。

復活するのに12時間丸半日を費やし、その間頭皮は汗、皮脂が腐り、匂い、痒みの原因になっています。

これは豆知識ですよ!